キニログ

アイテム情報 | 「インフェルノ(下) (角川文庫)」

みんなのログ

Yasufuku Hiromi
Yasufuku Hiromiさん


このアイテムを2017年05月31日に使いました

5評価しました

映画版とラストが違った。

確かに本のラストでは絵的に劇的ではないかもだけど、
映画のラストだとベルトラン・ゾブリストは悪者というイメージが強くなりすぎて、印象がかなり違う。

ゾブリストが作り出したウィルスは、映画版では殺人ウィルス。
黒死病のイメージそのままですがが、
本では、遺伝子に変化を加え、感染した人の内3人に1人を不妊にするというウィルスで、
人が死ぬ事無く「人口を抑制する」という目的を穏やかに達成させ、
遺伝子を子孫の代にまで受け継ぐ事で、継続的な人口抑制となるもの。
拡散された後にWHOの事務局長であるシンスキーでさへ
「このウィルスの無効化を望むべきなのかどうか」と考えるようなもの。

ただ、この先を考えると、殺人ウィルスはワクチン等が作れれば抑え込む事が出来る。
遺伝子に変更を加えるウィルスの場合、シエナの言うように
特定の遺伝情報を持つ人種にだけ効くウィルスを作り出し、兵器として使用する事だって可能となり、権力者の手に渡ればより危険なものとなる。
利用方法によっては、遺伝性の病気の治療に使う事も出来るし、
人間の能力を高め、ポストヒューマンを作り出す事も出来る。
能力だけではなく、全ての人の倫理観を高められるのであればいいのですが。。。


フィレンツェ、ベネチア、イスタンブール、いろいろな有名建築の中の様々な象徴をめぐり、美しい絵画や建築に見とれ、イタリアにもトルコにもぜひぜひ行ってみたい!
これで料理が出てきたら、立派な観光ブックになりそうだけれど、料理の記述は少ないです。
でも、この本を片手に旅すれば、世界遺産見学を一層楽しめそうです。
無駄に隠し扉を探したくなりそうですが。

使った日
0

このアイテムを本棚に入れているユーザー1