キニログ

アイテム情報 | 「胸の振子 妻は、くノ一 8 (角川文庫)」

みんなのログ

Yasufuku Hiromi
Yasufuku Hiromiさん


このアイテムを2015年11月11日に読み終わりました

5評価しました

第三の刺客は、かつては母雅江と競い合った、天守閣のくノ一“浜路”
でも、いままでの敵のように「やっちまえ!」とは思えない、
「じゃあね、織江ちゃん」
切ない最後でした。

--人生は詐欺みたいなものよね。
何かが微妙にずれていく。
願ったもの、思っていたものとは違う現実が立ち上がってくる。
それを前にして、人は唖然とするしかない。
--あたしが望んだものは、こんなものではない・・・・・・。
浜路はくノ一に生まれなければ、きっといいお母さんになって
こんな事思わずに生きていけたのでしょう。

彦馬と織江の距離がぐっと近づいて来ました。
続きが待ちきれない!

そして、にゃん太強すぎ!
雁二郎 以上の大活躍!!
さすが、オスの三毛猫です。

読んだ日
1

このアイテムを本棚に入れているユーザー1